良いネット接続の重要性

このブログで紹介しているスマート家電や便利なサービスを使うには、良いインターネット環境が不可欠となります。良好なインターネット環境を構築することが、効率的で利便性の高い生活に直結するのです。 インターネット環境を整えると生活が便利に インターネットは、今や私達の生活に欠かせないものです。人とコミュニケーションをとるにも、オンラインゲームをやるにも、ここネットカジノのやり方で紹介されているようなオンラインカジノなどの娯楽を楽しむにも、スマート家電を導入するにも、必ずインターネットが必要です。 ご自身のインターネット環境がどの程度かわからないという方は、検索すると出てくる「インターネット環境の調べ方」や、「ネット回線速度のチェックサイト」などを使ってチェックしてみましょう。

スマートリモコン

スマートリモコンとは、従来のテレビやエアコン、各種家電を一括で操作できる新しい機能を持った便利グッズです。 スマートリモコンのメリット スマートリモコンの最大のメリットは、これ一つでスマートホームを実現できることです。 複数の赤外線リモコンの信号を記憶できるので、リモコン操作の既存の家電をこれ一つですべてコントロールできます。スマート家電を新たに購入しないですむ他、アレクサやグーグルホームなどのスマートスピーカーも必要ありません。 外出先からスマートフォンで遠隔操作できるので、電源の消し忘れの心配も解消できます。 現在では国内外多くのメーカーがスマートリモコンを製造しているため、競争も激しく、5000円程度と安価で手に入れられるものも登場しています。

スマート電球/照明

スマートライトとも呼ばれる、スマート電球やスマート照明が最近では注目を集めています。 スマートライトの主な特徴 スマートライトはスマートフォンと連携して、外出先などの遠隔からの操作やスマートスピーカーを介した操作を可能にします。タイマー機能がついているスマートライトもあります。 また、製品によっては明るさの段階や色を選べるものがあり、こうした機能もすべて遠隔でコントロールできます。帰宅の少し前から、好きなように自宅の照明をセッティングし、居心地のよい空間を作り出すことができます。 現在、PhilipsやIKEA、TK-LINKなどさまざまなメーカーがスマートライトを販売しています。技術発展のおかげで、個人でも簡単に快適でおしゃれな空間づくりが楽しめるようになっています。

スマートプラグ

スマートプラグは、すでに持っている家電の電源をインターネットを介して便利にオンオフできるようにするための外付けツールです。これを導入することで、スマート家電に買い換えることなくスマートホームを実現できます。 スマートプラグの使い方 このプラグは、コンセント電源に取り付けて使用します。このプラグの電源自体をスマートフォンと連携させ、スマートフォンからオンオフを切り替えることで、この電源に接続している家電を遠隔で操作できます。 そのため、家全体をスマートホーム仕様にしたい場合はこのプラグを複数購入する必要があるでしょう。また、冷蔵庫など通常電源を切らない家電と、頻繁に電源を切る家電を同じプラグにさすことのないよう注意する必要があります。

動画再生プレーヤーの減少

HuluやNetflixなどの定額オンライン動画視聴サービスが若い世代を中心に世界的に普及してきており、すでに欧米ではこれらサービスやストリーミングサービスの利用が主流となってきています。 日本でもこのトレンドに応じて、今後DVDプレイヤーやBlue-rayプレーヤーなどの動画ディスク再生プレイヤーは需要が低下していくことが予想されます。 オンライン動画視聴サービスの利便性とは オンラインで動画を見られることの利便性は、まず第一に時間と場所の柔軟性が高いことが挙げられます。オンデマンドで好きな時に好きな番組を選んで視聴でき、スマートフォンやノートパソコンで外出先でも利用できます。 また、膨大なラインナップの作品を見放題かつ、途中で見るのをやめても金額には影響しない定額制も魅力の一つです。

スマートホーム構想とは

最近よく耳にするようになった「スマートホーム」。家電や家具のデジタル化がますます進んだ現代社会で、家全体をインターネットを利用して管理するという次世代のホームシステムです。 スマートホームの仕組み スマートホームは、家の中のあらゆる電源や家電、生活インフラをインターネットを介して遠隔操作や自動化を可能にするもので、より便利で快適な住環境を構築するためのシステムとして生まれたアイデアです。 スマートホーム環境を作るためには、以下のいずれかの方法があります。 ・スマートホームに対応したスマート家電を購入する ・スマートホームに対応するガジェットやツールを購入し、既存の家電に外付けする このブログでは、スマート家電と、既存家電に外付けするツールどちらも紹介しています。

ロボット掃除機

「ルンバ」に代表されるロボット掃除機は、食器洗い機、乾燥機付き洗濯機と並んで、現代三種の神器に含まれる家電です。 ここでは、ロボット掃除機の長所と課題をまとめました。 ロボット掃除機の長所 ・家に人がいなくても自動で掃除をしてくれる ・バッテリーが少なくなったら自動で充電をしてくれる ・音が小さく邪魔をしない 好きな時間に掃除を開始できる予約機能や、内部にたまったゴミを自動で捨てる機能がついている製品もあり、効率的に掃除機がけができます。 ロボット掃除機の課題 ・段差や特定の材質の床だと正確に作動しない ・黒い色の床を障害物だと思って回避してしまう ・家具にぶつかりやすい これらのデメリットを考慮した上で、購入を検討しましょう。

スマートスピーカー

日本でも多くのCMが流れて話題となったスマートスピーカー。スマホアプリとの連携、音声認識、話しかけるだけで調べ物や商品購入、家電スイッチのオンオフまで可能など、さまざまなことをアシストしてくれます。 各社が類似商品を製造販売していますが、特に以下の2製品が有名です。 グーグルホーム 多様なオンラインサービスを手がけるグーグル社が開発した製品で、自分のグーグルアカウントと紐づけ、グーグルのサービスすべてを話しかけるだけで利用することができます。 アレクサ 大手オンラインショッピング会社のアマゾンが開発した製品です。他のスマート製品と提携し、スマートホームを構築することができます。 どちらもより安価でコンパクトな小型モデルが出ているので、試しに使ってみたいという場合はそちらをおすすめします。