家庭の電力使用量を測定する方法

家庭での電気使用量を把握する仕組みは、消費電力を削減するエコの取り組みと、その結果を確認する意味で重要です。スマートホーム対応の住宅であれば、電気使用量を測定できる仕組みが備わっているので、特に追加でコストや手間を掛けなくても簡単に把握が実現します。スマートホームに未対応だったり、これから家庭での電気使用量を測定したいのであれば、後付で対応するガジェットを使用するのが得策です。

目覚ましカーテン

自然の光には脳の体内時計をリセットする効果があり、質の良い睡眠をするのに欠かせません。目覚ましカーテンはスマホ操作によりカーテンを開ける、スマートホーム機器です。タイマー機能を使うことで、朝いつも決まった時間にカーテンが開けられ、ぼんやりした頭をスッキリ目覚めさせます。タイマー機能は曜日ごとに設定できるため、平日と休日で別の時間に起きるというライフスタイルにも対応しています。

スマートベビーモニター:お助けガジェット

スマートベビーモニターは、赤ちゃんの育児において安心をもたらしてくれる、便利なお助けガジェットの1つです。音声の受信機能は、比較的安価な製品にも搭載されている基本的なもので、赤ちゃんの声が聞けるだけでなく、相手にも伝えたり話し掛けられるのが魅力です。音質を重視した製品であれば、鮮明に話し声や泣き声が聞こえますから、例えば起きてぐずっても直ぐに気がついて直行できます。

スマートホーム暖房システム:最高の技術

“スマートホームの暖房システムを利用することで、寒い冬でも気兼ねなく過ごすことが出来ます。

スマート家電・家庭用監視カメラ:家に安心を

IOT機能を搭載したスマート家電が、続々とライフスタイルに定着し始めました。スマート家電が登場した当初はコストパフォーマンスの点で課題がありました。ところが今では一般消費者でも気軽に購入を考えられる価格帯のIOT家電が続々と登場し、街の家電量販店やネット通販サイトを通して、お安く購入出来ます。すでに一般家庭にも多種多彩なスマート家電が普及しており、家庭用監視カメラもまた人気がある製品の一つです。

観葉植物を上手に育てるスマートな植木鉢!

観葉植物をより効率的に育てていくためには、実際に現場でその状況を確認しなくても良い手段を考える必要があります。ただ、前提として理解しておかなくてはいけないのが、観葉植物は環境によって劣化が激しくなってしまうものであるためどういった状況で育成していくのかを考えなくてはいけないということです。

ドローンはどうして大人をも魅了するのか?!

サッカーのテレビ中継でフリーキックの場面になると、まるでピッチの少し上から撮影されたような映像が映ることがあります。これは、ドローンによって撮影されたことが多いです。

良いネット接続の重要性

このブログで紹介しているスマート家電や便利なサービスを使うには、良いインターネット環境が不可欠となります。良好なインターネット環境を構築することが、効率的で利便性の高い生活に直結するのです。 インターネット環境を整えると生活が便利に インターネットは、今や私達の生活に欠かせないものです。人とコミュニケーションをとるにも、オンラインゲームをやるにも、ここネットカジノのやり方で紹介されているようなオンラインカジノなどの娯楽を楽しむにも、スマート家電を導入するにも、必ずインターネットが必要です。 ご自身のインターネット環境がどの程度かわからないという方は、検索すると出てくる「インターネット環境の調べ方」や、「ネット回線速度のチェックサイト」などを使ってチェックしてみましょう。

スマートリモコン

スマートリモコンとは、従来のテレビやエアコン、各種家電を一括で操作できる新しい機能を持った便利グッズです。 スマートリモコンのメリット スマートリモコンの最大のメリットは、これ一つでスマートホームを実現できることです。 複数の赤外線リモコンの信号を記憶できるので、リモコン操作の既存の家電をこれ一つですべてコントロールできます。スマート家電を新たに購入しないですむ他、アレクサやグーグルホームなどのスマートスピーカーも必要ありません。 外出先からスマートフォンで遠隔操作できるので、電源の消し忘れの心配も解消できます。 現在では国内外多くのメーカーがスマートリモコンを製造しているため、競争も激しく、5000円程度と安価で手に入れられるものも登場しています。

スマート電球/照明

スマートライトとも呼ばれる、スマート電球やスマート照明が最近では注目を集めています。 スマートライトの主な特徴 スマートライトはスマートフォンと連携して、外出先などの遠隔からの操作やスマートスピーカーを介した操作を可能にします。タイマー機能がついているスマートライトもあります。 また、製品によっては明るさの段階や色を選べるものがあり、こうした機能もすべて遠隔でコントロールできます。帰宅の少し前から、好きなように自宅の照明をセッティングし、居心地のよい空間を作り出すことができます。 現在、PhilipsやIKEA、TK-LINKなどさまざまなメーカーがスマートライトを販売しています。技術発展のおかげで、個人でも簡単に快適でおしゃれな空間づくりが楽しめるようになっています。