“住宅を建てる際に、様々な機能を盛り込みたいと言う人も少なくありません。その中でも近年話題となっているのがスマートホームと呼ばれるもので、様々な機能を住宅の中に盛り込み、快適な生活を送ることができるようにしたものです。

とは言え一般的にスマートホームの定義は曖昧で、様々なIT技術を駆使してその利便性を図っていると言うものもあれば、単純に特定の機能を充実させたと言うものも少なくありません。その中でも、お風呂にこだわりたいと言う人も多く、家の中で快適な時間を過ごすことができるスマートバスルームを重視すると言う人も非常に多いのです。
スマートバスルームはバスタイムを快適に過ごすことができる機能が搭載されたバスルームのことで、これもこだわりによって搭載する機能が分かれるところですが、単純に手の届く範囲に美しく配列された様々な物置や戸棚などが配置されているものもあれば、バスルーム内でテレビやビデオなどを閲覧することができ、リラックスした時間を過ごすことができるという仕組みとなっているものもあります。中には様々な用品を収納するガジェットが取り付けられているものもあり、これを効果的に活用することでより快適なバスタイムを満喫することができるものとなっているのです。

しかし単純にスマートバスルームといっても、くつろげることができる最高の大きさはその家庭環境やバスタイムに対する考え方などで変わることが少なくありません。あまり広いと言うのもその空間を持て余してしまうことが多い上、特に冬などは室内が温まりにくいと言うこともあるため、そのバランスを十分に考えたものであることが大切です。一般的には1坪のものが主流となっており、1人で入浴するには非常に快適な空間とされています。これは様々なガジェットなどを配置してもすぐに手の届く範囲にいろいろなものが置かれるため、入浴がしやすいと言う標準的なスペースとなっているのです。しかし小さな子供などがいて一緒に入浴したいと言う場合には多少手狭となってしまうことも多いため、このような場合には1.25坪のものを選ぶことも良い方法です。1人で入浴する場合には少し広すぎるイメージもありますが、子供と一緒に入浴するにはちょうど良い広さであり、最近の住宅では主流となっている広さです。

スマートホームにはそれぞれの考え方があるように、スマートバスルームにもそれぞれの思い入れがあって良いものです。そのため最高のスマートバスルームの広さも一般的には1坪程度が理想となっていますが、その家庭環境や住宅の構造、および家族構成や入浴の際の楽しみ方などによっても変わります。”