スマート家電・家庭用監視カメラ:家に安心を

IOT機能を搭載したスマート家電が、続々とライフスタイルに定着し始めました。スマート家電が登場した当初はコストパフォーマンスの点で課題がありました。ところが今では一般消費者でも気軽に購入を考えられる価格帯のIOT家電が続々と登場し、街の家電量販店やネット通販サイトを通して、お安く購入出来ます。すでに一般家庭にも多種多彩なスマート家電が普及しており、家庭用監視カメラもまた人気がある製品の一つです。

日本は諸外国に比べて非常に治安が良くて、安心して家族と一緒に暮らせる国です。ただ凶悪犯罪が元々少なく、年々深刻な犯罪被害が減ってきている一方で、いわゆる住居侵入の事案は大きく減少していません。空き巣被害は毎年各地で発生しており、それこそ以前は富裕層の住宅や企業の事務所や倉庫などがターゲットでしたが、今現在ではごく普通の一般庶民の家でも不法侵入の事案が頻発しています。コンビニやファストフード店もまた一昔前は、セキュリティ力が低く、悪者のターゲットにされやすかったです。

防犯カメラの導入よって、抑止力を高めた結果、コンビニやファストフード店の治安状況は大幅に改善しました。今では防犯カメラがあるおがけで、街の中でも非常に安全性の高い場所と知られるようになり、カメラの眼が店舗や利用者に大きな安堵感を与えています。

自宅の外に防犯カメラを設置すればセキュリティ力が大幅にアップしますが、悪知恵のある空き巣だと、上手く死角を見つける恐れがあります。室内の出入り口やリビング、寝室などに防犯カメラ代わりとなるスマート家電を設置すれば、空き巣犯人に対して、効果的にプレッシャーを与えられるでしょう。あえて窓の外や玄関、勝手口の付近から監視カメラの眼が充分視認できるように、堂々と設置するのがオススメです。抑止力を発揮させるためには、家庭用監視カメラの存在を周知徹底させる事であり、防犯意識の高い家だとアピールしましょう。

スマート家電と呼ばれる通り、ネットワークを通してスマートフォンと連動させられる監視カメラも多いです。出張や家族旅行などで長期間、マイホームを離れる事があっても、スマートフォンの画面を通して自宅リビングの様子を確認出来れば一安心です。また普段の外出中、留守番をする子どもやペットの様子をスマートフォンやタブレットを通して確認出来るのも嬉しい機能となります。カメラのスピーカーとマイクを通じてお互いが会話できる製品もあり、防犯対策だけではなく子どもやペットの安全管理のためにも応用可能です。