パソコンにはしっかりとセキュリティ対策を行っている人も多いかもしれませんが、スマートフォンに関しては対策がわからないという人も多いかもしれません。スマホのセキュリティ対策、つまりスマートセキュリティはいるのかいらないのか、その必要性についてしっかりと把握しておくことが求められます。

スマートセキュリティはいる?いらない?

まず最初に結論から言うと、スマートセキュリティは必須と言えるでしょう。近年ではスマホ経由のウィルスや詐欺被害も数多く報告されています。実際に行われた調査においては、過去1年間でスマートフォンを使っている人のうち約70%ほどの人が、迷惑メールやウィルスなどの被害を受けているということが報告されたのです。これらはスマートフォンにしっかりとセキュリティソフトをいれることによって、未然に防ぐことができるでしょう。

具体的にはスマートセキュリティー入れることにより、ワンクリック詐欺やフィッシング詐欺などの被害を防止することができたり、クレジットカードなどの個人情報の漏洩を防ぐことが可能です。盗難や紛失の際にも備えができ、SNSの乗っ取りやなりすまし被害の防止にもつながります。ネット詐欺の多くはインターネットを通じて行われることがほとんどで、その代表的なものがワンクリック詐欺と呼ばれるものです。ウェブサイトや電子メールに記載されたURLをクリックすることで、サービス入会等の契約成立を一方的に行われてしまい、利用料金の支払いを求められるものです。

例えば無料の動画をクリックすることにより、高額な利用料を請求する警告が現れるなどのものが挙げられます。そしてフィッシング詐欺とは実際の企業を装いなりすましメールを送って、不正サイトに誘導して個人情報を抜き取るものです。セキュリティー対策を行うことで、これらの検知や警告を行ってくれるので、詐欺サイトにアクセスすることを防ぐことが可能です。スマートフォンには連絡先や写真、ネットショッピングで使用するクレジットカード情報など、自分を特定できる大切な情報が数多く詰め込まれているはずです。近年ではアプリをダウンロードすることで、勝手に個人情報が外部に流出してしまうものもあります。

無防備なスマートフォンは思っても見ないような形で重要な情報が抜き取られる可能性があるため、セキュリティ対策が求められます。スマートフォンと一言で言っても、iPhoneに比べるとアンドロイド端末の場合には、より強いセキュリティ対策が求められます。