現代においてのセキュリティシステムやスマートホーム家電の重要性

スマートホームはIoTやAIを自宅のWIFI対応家電と組み合わせることで、各種のガジェットや防犯カメラそしてアラームなどの全てが連携していくという便利システムです。

スマホが手元に1つあれば、外出先から自宅の防犯カメラを通してセキュリティを確認したり、自動で通知を受け取ることができる便利な時代です。あらゆるガジェットがインターネットに繋がる時代ですから、当然ながらスマートホーム自体のセキュリティも重要になってきます。その為、アクセスを家族などの人達に限定したり、家庭内のネットワーク全体を保護するソリューションの導入を検討すべきでしょう。

スマートホームが安全に使えると、やがてそれらは連携して家財や時に人命を守ることになります。セキュリティ系の代表的なシステムとしては、侵入者を感知して指定の端末に通知したり、防犯カメラの映像に動きが見られる時にだけ通知する仕組みが挙げられます。いずれもセンサーを内蔵していて変化を感知したり、指定した通りの動作をする共通点があります。アラームで侵入者に警告を発して犯罪を未然に防いだり、家族が家を離れると自動的に鍵にロックを掛けるなどの製品も便利です。1人暮らしでもスマートホームガジェット導入のメリットはあって、例えば飼っているペットの様子を見守ったり、マイク越しに話し掛けることもできます。

小さい子供を育ててている家庭なら、短時間その場を離れたい時の見守りに役立ちます。インターネットが繋がる環境であれば、遠隔地でも連携していくことができるので、遠くで暮らす高齢の両親の見守りも実現します。高齢者の見守りといえば、生活の変化をスマホなどに通知するスマートホーム対応の家電も登場しています。想定される生活パターンを外れると何らかの異常とみなして通知を行う簡単なものですが、高齢の両親と一緒に暮らせない人にとって今後重要性は増していくでしょう。今やスマートスピーカーは珍しくありませんし、手頃な価格ですぐにでも導入できるほど低価格化が進み導入のハードルは下がっています。スピーカーとマイクを内蔵していることが普及の理由の1つで、インターネット越しにAIを使って音声分析と応答を行えるのが強みです。

センサー類やアラームなどは種類が充実していますし、こちらも低価格化が進んで導入しやすくなっています。既存の鍵に後付できるスマートロック、インターネット未対応の家電も操作できるようにするスマートリモコンなど、あらゆるものを巻き込んで進化中です。家にある全てが連携していく感覚は新しいですが、今後連携すら意識せずに済む便利な時代が到来するでしょう。