スマートハウスとは、次世代型の家電や設備を備えることで、家の中での高度な電力需給管理や最適化が可能になった家のことを言います。今まで電気を上手に使用することは、省エネという概念で実施されてきて、特に自前でのエネルギー供給に問題がある日本では工夫して行われてきました。スマートハウスでは、その省エネを適切な建築資材を用いて行うことに加えて、太陽光発電などを用いた「創エネ」、太陽光発電などで得られた電気を蓄電池などに確保する「蓄エネ」が行われます。さらには、それらの電力をコントロールするHEMSというシステムを用いて電力を調整して効率よく用いることができる「調エネ」が可能になります。

では、スマートハウスで用いられる様々なシステムで、生活の中ではどんなことが可能になるのでしょうか。まずは、電力を含めたエネルギー消費量を抑えたり、実質0とすることが可能になります。また、インターネットや人工知能、ビッグデータやロボットなどを使うことで、生活が便利になり、より快適に過ごせるようになります。さらには、スマートハウスには、ホームセキュリティの機能があるため、安全性が増すことが考えられます。

スマートハウスのセキュリティシステムで可能なことはいくつかありますが、その一つが火災やガス漏れ、漏電などをいち早く感知して、被害を最低限に抑えることです。また、漏水を検知したり、地震に対応して家電をコントロールしたり、凍結を防止するシステムで防災の機能を持たせることができます。

加えて、訪問者を管理したり、不審者が家に入ることを防ぐと言った防犯機能も付与することができるようです。そしてこれらのシステムは、事象を感知した時に自動的に作動するほか、スマホを使うことで監視情報などを確認したり家電を操作することが可能です。スマートハウスの家電はスマホを使って簡単に管理することができますが、その点がデメリットとなる場合があります。まず、外部からスマホを使って家電などを操作できると言うことは、悪意のある人がシステムをのっとって勝手に操作することが可能だと言うことを意味します。特に、IDやパスワードなどセキュリティ上必要な設定をしていなかったり、誰でもわかるような設定にしていたりすると、第三者に操作される可能性があります。そして、電力の使用状況などが外部に漏れてしまうと、留守にしている時間などを把握されて、犯罪に巻き込まれる場合があります。安全に資する