“2019年は様々な家電とスマートフォンが連動し、これらを効果的に利用することができる提案が様々な会社から行われた年でもありました。家の照明を外部から操作したり、洗濯機を外部から制御することで外出中でも洗濯を終わらせることができるなど、忙しい現代人が時間を有効に利用できるような仕組みを提案するところが非常に多かったのが特徴です。これらは単に時間の有効利用だけでなく、ネットワークの様々な用途を拡大したものとなっている面もあるため、これらの動きをきっかけに新たなネットワークの用途を生み出すきっかけを作るものとなっているのもポイントです。

その中で注目されているのが、高度なネットワーク機能を持った精密調理器で、スマートフォンを利用することからスマートクッキングとも言われています。この方法は下ごしらえだけを行っておき、様々な操作を外部からスマートフォンを利用して操作することで効果的に調理を行うことができる仕組みとなっているのがポイントです。

下ごしらえをあらかじめ行っておかなければならないと言う点では、従来の家庭で調理をする方法と基本的には変わらないため、効率化に対する貢献が少ないのではないかと言う人も多いのですが、その重要な点は外部から様々な操作を行うことができると言う点になります。そのため、あくまでも外部の操作によって様々な調理の完了時間を制御することができるほか、そのために貴重な外出の予定を断ったり、他の作業などを行うことができなくなってしまうという事態を回避することができる面で大きな意味を持っています。またこれらの機能はあくまでも現時点では実験段階と言う要素を持つものであり、まずは外部から調理器具を操作することに意味があるのです。

調理の際には基本的には火を使うためにその場から離れることができなくなってしまい、様々な日常生活に支障をきたしてしまうことがあるためです。スマートクッキングは気を使わずに電気的に調理をすることができるのがポイントで、安全性が高いことから外出先でも操作をすることができる機能を持っているのが特徴です。このスマートクッキングで利用される精密調理器は、今後更に進化をすることが予測され、現在ではできない様々な調理の工程を遠隔で行うことができるようになる可能性が高くなっています。スマートフォンでレシピを読み込んで、これをそのまま精密調理器に行わせることができるようになることも可能と考えられているのです。”