ドコモ光の評判はどうなのか?良い?悪い?

2015年3月にドコモ光がスタートした当初、ドコモ光の評判はかなり悪いものでした。その理由は、サービス開始時、NTTドコモが想定した数よりもはるかに多くのユーザがドコモ光に加入しようと殺到してしまったことが原因でした。

 

中でも特に評判を悪くしてしまったのが「工事」に関するトラブルです。契約希望のユーザが殺到した影響で工事業者のスケジュールが埋まってしまい、多くのユーザが既に書類に関する契約を終えているというのに工事を行ってもらえず「回線がいつまでたっても開通しない!」「ドコモ光が使えない」という状況が多発してしまったのです。

 

この状況なら評判が悪くなってしまっても仕方がありませんね。この時長いユーザですとドコモ光を使い始めるまでに3ヵ月も待たされてしまいました。その間解約せずに良く3ヵ月も待ち続けてくれた、というのが正直な感想です。

 

サービス開始早々トラブルに見舞われたドコモ光でしたが工事業者の方が一生懸命に対応したおかげで、開通工事の遅延は徐々に解消されていき、ドコモ光がスタートしてから4ヵ月目に突入する頃には待ちのユーザはゼロになりました。「これで評判も良くなってくれるだろう」安堵していたNTTドコモの顔を再度青ざめさせたのが「回線速度の問題」だったのです。

 

工事業者が出来るだけ早くユーザの開通工事を実施した影響で、今度は通信回線が常に混雑している状態になってしまい、インターネットの速度が激減してしまったのです。予想以上のユーザがドコモ光に加入してくれるという嬉しい状況は一変、最初に開通工事の遅延というトラブルを引き起こし、その次には回線がパンクして遅延が起きる・とにかくインターネットが遅いという2つ目の問題まで引き起こしてしまったのです。

 

・評判が良くなった・評判が回復した理由

 

サービス開始早々評判を落としてしまったドコモ光でしたが、そこは天下のNTTドコモ、増えたユーザが快適にインターネットが使えるよう、急ピッチで設備を増やしたおかげでインターネットの速度問題は次第に改善されて行きました。

 

あれから2年後の現在、@開通工事が待たされるAインターネットの速度が遅いという2つの問題は既に解消されています。それだけでなく、現在のドコモ光の評判はめちゃくちゃ良くなっているのです。

 

ドコモ光の評判が良くなった理由は次の3つが原因でした。

 

? 月額料金が安くなった!
? キャッシュバックの金額が以前より高くなった!
? GMOとくとくBBを利用すると次世代技術「IPv6プラス接続」が使えるようになって回線が速くなった!

 

1. 評判が良くなった理由その@「月額料金が安くなった!」

 

ドコモ光の月額料金は次の通りです。
戸建てタイプの場合 5200円
マンションタイプの場合 4000円

 

これをNTT東日本のフレッツ光ネクストと比較してみると、
一戸建ての場合 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 割引なしの基本料金の場合
割引適用後
の月額料金 4400円 4300円 4200円 4100円 4000円 5200円
マンション等集合住宅の場合 8部屋以上 3050円 2950円 2850円 2850円 2850円 3250円
16部屋以上 2650円 2550円 2450円 2450円 2450円 2850円
4部屋以上 3650円 3550円 3450円 3450円 3450円 3850円

 

フレッツ光を割引なしで契約する場合、戸建てタイプなら、ドコモ光もフレッツ光も月額料金は5200円と同額ですが、マンションタイプならドコモ光は4000円なのに対し、フレッツ光は3850円と150円分お得です。

 

さらに表をみれば分かる通り、フレッツ光は割引を適用すると戸建てタイプの5年目なら月額4000円に、マンションタイプの16部屋以上の3年目~5年目ならなんと2550円まで下がってしまうんです。

 

だったらドコモ光よりもフレッツ光の方がお得なんじゃないのか?と思ってしまいそうですよね。確かにインターネットだけの契約を交わすのならば、フレッツ光の方がお得になります。でも、ドコモ光のドコモらしさ、セット割を適応すると、スマホ代が割引されるので、上記のフレッツ光の割引を上回ることができるんです。

 

つまりドコモ光を選ぶなら、携帯はドコモユーザが断然お得なんです。これまで携帯をドコモから「辞めようか」「他社に乗り換えようか」と思ってもドコモの携帯を使い続けた方、辞めなかったおかげで高速インターネット代が他の人よりも安くなるチャンスが到来したのです。

 

セット割でスマホ代が500円〜2000円も割引に!

 

ドコモ光の最大の魅力はなんといってもドコモのスマホとセット割になる「光パック」です。インターネット代ではなく、スマホ代が月々約500円〜2000円の間で割引されることになります。長期間ドコモの携帯を利用してきたユーザはさらにお得に「ずっとドコモ割」の割引分も併用されることになります。

 

ユーザからすれば、割引される対象がインターネット代だろうが、スマホ代だろうが、とにかく出費を減れせればラッキーですよね。「光パック」と「ずっとドコモ割」の割引金額は次の通りです。

 

「光パックの割引額」
1人向けプランなら 光らくらくパック  500円引き
光データSパック(2GB)  500円引き
光データMパック(5GB) 800円引き
光ウルトラデータLパック(10GB) 900円引き
ウルトラデータLLパック(20GB) 1100円引き

 

家族向けプランなら 光シェアパック(5GB) 800円引き
光シェアパック(10GB) 900円引き
光シェアパック(15GB) 1200円引き
光ウルトラシェアパック(50GB) 2500円引き
光ウルトラシェアパック(100GB) 3200円引き

 

「ずっとドコモ割の割引額」
光らくらくパック 16年目以降で600円引き
光データSパック(2GB) 16年目以降で600円引き
光データMパック(5GB) 5〜8年目で100円引き
9〜10年目で200円引き
11〜15年目で600円引き
16〜8年目で800円引き
光ウルトラデータLパック(10GB) 5〜8年目で100円引き
9〜10年目で200円引き
11〜15年目で600円引き
16〜8年目で800円引き
ウルトラデータLLパック(20GB) 5〜8年目で200円引き
9〜10年目で400円引き
11〜15年目で600円引き
16〜8年目で800円引き

 

上記を見ても分かる通り、「光パック」と「ずっとドコモ割」の割引金額を適応後はほとんどの方が500円~2000円分月額料金が安くなります。フレッツ光を割引なしで戸建てタイプを契約されている方であれば、携帯がドコモユーザでなくてもドコモ光に乗り換えるだけで、おおよそ1000円〜1300円の値段が下がるはずです。

 

評判が良くなった理由そのA「キャッシュバックの金額が以前より高くなった!」

 

これまでドコモ光のキャッシュバック金額は他社の光コラボレーションに比べて安いということが弱みの一つになっていました。しかし2017年3月のキャッシュバックは増額中でおすすめです。2017年2月も増額していたので、今後も継続される可能性があります。

 

中でもおすすめなのがGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込むことです。ドコモ光をGMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申し込むと、以下の2つのキャッシュバックがもらえます。

 

? dポイント5000円→10000円に増額中
? 最大10000円の現金キャッシュバック(2017年3月限定)

 

ドコモショップや家電量販店でも、dポイントが5000円分もらえますが、GMOとくとくBBのキャンペーンサイトと比べると、最大15000円も差が出るんです。

 

評判が良くなった理由そのB「GMOとくとくBBを利用すると次世代技術「IPv6プラス接続」が使える」

 

ドコモ光は光コラボレーションの仲間なので回線はフレッツ光と同じものを使用しています。つまりドコモ光の回線は1ギガもある安定した回線ということになります。なのにドコモ光の回線速度に関する評判はあまり良くありません。「どうして1ギガもあるのに遅いと感じてしまうのか・・・」

 

その原因の多くがルータにありました。ドコモ光ではレンタルルータや2年以上前の型番のルータを使用している方がほとんどです。肝心の回線速度がせっかく1ギガもあるのに、古い型番のルータを使っているせいでその速度が400Mbps、約4割程度にまで落ちてしまっていたのです。

 

ルータの性能が良くなかった為に回線速度に関する悪い評判が増えってしまったドコモ光、そんなドコモ光にとうとう救世主が現れたのです。それがGMOとくとくBBで無料で使える次世代技術「IPv6プラス接続」ルータでした。

 

現在、宅内に設置するルータを次世代技術「IPv6プラス接続」に変えるだけで、実測はかなり速くなると大評判です。事実「IPv6」という新技術は従来の接続技術であるIPv4が目的地までの道のりを1本しか準備されていないのに比べて、ルートがたくさんあるという様式を持ち得ています。

 

つまりIPv6のルータを使えば、空いているルートを使って最短距離でインターネットを検索・ダウンロードすることができるのです。GMOとくとくBBのサイトからドコモ光に加入すれば、なんと市販では1万5千円もする「IPv6プラス接続」のwifi付きルータが無料でもらえます。

 

使えるだけでなくもらえてしまうなんて、これはかなりお得な情報なのではないでしょうか。

 

ドコモ光の悪い評判

 

ドコモ光の回線はNTT東西が管理するフレッツ光と同じ回線を使用しています。大変安定している回線ですので、10分に一度切断されてしまうとすれば、回線以外の原因もある可能性が・・・。一度PCの状態・ケーブルの劣化・ルータの状態などを調べてみれば改善できるかもしれません。

 

●エリアの問題
せっかく色々と調べた後に「エリア外」と言われてしまえばショックですよね。今後ドコモ光のエリアは拡大される可能性がありますので、チェックしておくとエリア内になっていることも。

 

●工事業者の態度が悪い
せっかく乗り換えしたのに工事業者の方の印象が悪いと凹みますよね。この意見はなんとかドコモ光に届けて改善してもらいたいものです。

 

●サポートセンターの対応が悪い
サポートセンターの問題はドコモ光に限らず問題が多いのが現状です。せっかく契約しようとしているのにサポートセンターの態度が悪くてやめてしまう方は少なくないので、是非早期改善して欲しいものですね。

 

●通信速度について 
相変わらずですが、遅いという意見も見受けられます。 プロバイダによっては早い、遅いあるみたいなので申し込み前に問い合わせしてみると良いでしょう。

 

・結論

 

幅広い年齢層で携帯電話のドコモユーザが多いだけに、スマホとのセット割りを狙ってドコモ光に新規加入・転用しようとしている方はたくさんいらっしゃいます。しかしユーザがせっかくドコモ光に興味を持っているのに「どのプロバイダーがいいのか分からない」「サポートセンターと一部工事業者の態度が悪い」「エリア外なので使えない」といった問題があるようです。

 

加入後に評判が最も良いのは「GMOとくとくBB」で次世代技術「IPv6プラス接続」のルータを使うこと、今から選べるのなら、是非次世代技術「IPv6プラス接続」のルータでドコモ光をお使いになることをおすすめします。